フィクショネスとは?


このエントリーをはてなブックマークに追加
 

店主が作家の書店

*2012年7月13日制作の記事です。


下北沢というとおしゃれな街というイメージです。

実際に古着屋を始めとしておしゃれなお店が多いです。


そんな下北沢にあるこだわりの書店があります。


それが「フィクショネス」です。



◆フィクショネスってどんな書店?


「絵本」と「文芸」にこだわった書店です。

更に、自作の絵本や小説などを持ち込むと委託で販売もしてくれるのです。


「絵本」「文芸」の本だけを大事にするのではなく、作品を作る人も大事にする書店なのです。


催しも盛んに行っており、

・文学教室
・句会

などが行われています。



◆店主が小説家


更にこの書店で一番驚くことは店主の藤谷治さんが小説家であることでしょう。


自費出版で細々と出版している訳ではありません。集英社や小学館、新潮社などの大手出版社から次々と小説を出しているのです。



作家に気軽に会える書店というのは、全国でもここだけかもしれません。






「フィクショネス」在地
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-12-2 翔鶴ビル 2F




     古本の無料査定はこちらからどうぞ!
          ↓↓↓↓↓↓↓

古本買取の事前査定はこちら

1点から査定可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。事前査定に納得できたときだけお売り頂けます。





下北沢にあるこだわりの書店「フィクショネス」のTOPへ

新着情報

古本高価買取実施中

CD,ゲームソフト,書籍の同時買取実施