大正時代創業の老舗書店を紹介


このエントリーをはてなブックマークに追加
 

大正時代創業の小川書店とは?

*2012年7月16日制作の記事です。


近年では、書店でも大規模店のチェーン店は増えても中小の書店はどんどん廃業して全体の店舗数は減っていっています。


これは昔から存在する老舗書店でも例外ではなく、どんどん淘汰されていっているのです。



しかし、そんな中決して大きな書店ではないにも関わらず、老舗書店として大正から営業を続ける書店があるのです。


それが小川書店です。


◆小川書店ってどんな書店?


小川書店は大正時代に創業し、現在でも営業を続ける書店です。


決して、オシャレな外観ということはありませんし、オシャレ雑貨などを併売している訳でもありません。


小川書店という書店は、地域に根差して営業を続ける書店なのです。


小川書店が特に力を入れて販売しているのが、教科書・参考書です。書棚の内、半分をこれれが占めるというのですから、その力の入れようが分かります。特に小中学校の教科書の品揃えはかなり充実させているようです。


お子様がいらっしゃる場合は、港区の教科書の品揃えでは一番というその棚を一度は見に行ってみたいですね。




「小川書店」在地
〒106-0047
東京都港区南麻布2-13-15




     古本の無料査定はこちらからどうぞ!
          ↓↓↓↓↓↓↓

古本買取の事前査定はこちら

1点から査定可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。事前査定に納得できたときだけお売り頂けます。





下北沢にあるこだわりの書店「フィクショネス」のTOPへ

新着情報

古本高価買取実施中

CD,ゲームソフト,書籍の同時買取実施