古本屋みたいだけど新刊書店?


このエントリーをはてなブックマークに追加
 

「三月書房」とは?

*2012年7月12日制作の記事です。


この書店を知っている人は相当な通だと思います。


この三月書房はコアなファンに支持される独特な本屋なのです。見た目が古本屋のように見えるため、三月書房のHPでは「古本屋ではありません」と書かれているくらいです。




◆三月書房ってどんな書店?


現在、新刊は1日200〜300点も出版されています。


しかし、この三月書房で仕入れる本はその中でも数点だけなのです。


もちろん、その数点も店主の目利きによって選ばれたもので、三月書房に置かれる意味がきちんとあるのです。


普通に流通している本だけではなく、個人が出版した本や、倒産した出版社の本も扱いこれらを求めてお客さんが訪れる書店になっているのです。


近年ではインターネットでの販売も開始したたようで、こちらも根強く支持されているということです。

三月書房のHPはこちら




「三月書房」所在地
京都市中京区寺町通二条上ル西側



     古本の無料査定はこちらからどうぞ!
          ↓↓↓↓↓↓↓

古本買取の事前査定はこちら

1点から査定可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。事前査定に納得できたときだけお売り頂けます。





古本屋みたいだけど新刊書店「三月書房」のTOPへ

新着情報

古本高価買取実施中

CD,ゲームソフト,書籍の同時買取実施