市場での相場・価値とは?


このエントリーをはてなブックマークに追加
 

古本の価値とは?

(注)
本ページに記載されている古本の市場相場、価値についての記載はあくまでも当店の査定基準を元にした見解となります。お店によって違う考え方、違う基準を持っている場合もあります。



古本を売りにいって、あまりの買取価格の安さに驚いたという話を聞くことがあります。

また、当店にお売り頂いたお客様から

「この本は何でこんなに買取価格が高いの?」

と言われることもあります。


参考リンク
ブックオフの買取価格は本当に安いのか?
どうしても高く買取できない作家は?



◆古本の市場価値についての誤解


古本の市場価値というのは一般の人にとっては分かりづらいかもしれません。

・ベストセラーになった本は価値がある
・古い本なら価値がある
・本の状態が良ければ価値がある


こういった誤解をされることが多いのですが、これらは全て間違っています。



ベストセラーになった本
   ↓
市場に商品が溢れているので価値は低くなります。
*当然のことですが、ベストセラーになっている最中は価値が高いです。

  古い本
   ↓
古くても欲しがる人がいなければ価値は低くなります。

本の状態が良い
   ↓
査定にあたって考慮されることはありますが、市場価値との関連はありません。



◆どんな本が価値がある?


市場相場、市場価値が高い本がどのようなものか一言で説明すると…


市場への供給量(売られる量)が少なくて、需要(買われる量)が高い本


となります。

過去のベストセラー本を例に出すと、需要(買われる量)は確かに高いのですが、それを遥かに上回る供給(売られる量)があるため古本としての市場価値は低くなります。


例えば…

・ホームレス中学生
・ハリーポッターシリーズ
・東京タワー

などです。もちろん、これらの本は人気が過熱しているときの市場価値は相当高いです。しかし、その価値は時間の経過と共に変わっていきます。


そのため、市場相場、市場価値の高い本は次のようなものとなります。


発売間もない新しい本
   ↓
中古市場で商品が不足しているため買取価格は高くなります。


根強い人気がある本
   ↓
一過性のブームではなく、根強く売れ続ける本というのは買取価格も高くなります。


専門書、学術書などの本
   ↓
元々出回る部数が少なめで、一定の需要があるため買取価格が高くなりやすいです。


上記例はあくまでも傾向であり、思いもよらない本に高値がつくこともあります。




お手元の本の価値を知りたいという場合は下記から無料の事前査定にお申込みください。

     古本の無料査定はこちらからどうぞ!
          ↓↓↓↓↓↓↓

古本買取の事前査定はこちら

1点から査定可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。事前査定に納得できたときだけお売り頂けます。





古本の市場相場は?のTOPへ

新着情報

古本高価買取実施中

CD,ゲームソフト,書籍の同時買取実施